冬は肉まん(枕草子イメージ)

すっかり日暮れが早くなった12月。ダウンコートもちらほら見かける北千住の街。

コンビニ肉まんが癒しのスタッフSです。

できれば食べたい、でも叶わぬのならば見るだけでも・・。

(ホットボックスの前にずっといる、怪しいと思われてるかも)

 

そういえばSは小さいときとても恥ずかしがり屋で、近所に肉まんを買ってくるおつかいに行かされたのに、お店の人に声を掛けられなくて、買えなかったことを思い出しました。

今と違うな・・。

Sは食べることも好きですが、料理を作ることもわりと好きでして。

気持ち(空腹具合)に余裕があれば、ストレス発散にもなってます。

出かけなくても、台所は身近にあるしね。

 

料理は、何はなくとも手順(時間割)が大事かと!

複数メニューを作る場合は、下ごしらえに時間がかかるものや、さめても大丈夫なものからスタート、別々のメニューの準備を合わせてやる・・とか。

お仕事も手順(優先順位)が大事だから、似てますよね。

料理だったら自分が食べるだけだから、気楽だけど。

もしそれで美味しかったら、かなりハッピー!

ちなみに、肉まんは粉から作るとすごく美味しいけど、サンドイッチ用食パン(薄切りの食パン)を少し湿らせて、市販のシュウマイを一個茶巾みたいに包んで電子レンジにかけると「なんちゃって肉まん」が出来ちゃうよ!

お試しあれ!!