サポステに餃子がやってきた!

2月

足立区北千住にある、あだち若者サポートステーションで、スタッフSはそわそわしていました。

なぜなら・・・ 

サポステのセミナーに、餃子がおはなしに来てくれるから! 

今月のセミナー予定表の「講師:餃子やーまんさん」のところを二度見したかたは少なからず、いえ、かなりいたようで、わたしたちもセミナーについて、いろいろ質問されました。

「餃子職人ですか?」「餃子の愛好家ですか?」「餃子のコスプレイヤーですか?」

 

・・・答えはいずれも「違います」。

 

もちろん、餃子がお好きで、毎日餃子を作ってらっしゃるそうですが、

講師のやーまんさんは、ご自身が餃子なのです。

人間をやめて餃子になったのです。

「朝が苦手」「上司が苦手」などで、転職を繰り返し、今は仕事をしていないやーまんさん。

 

そこまでは、よくあるハナシ。

 

でも、人間やめて(ってことは無職で)そもそも無収入でどうやって生きていくの??

・・・って思いますよね?どうなってるのかなって?

 

それは・・餃子において誰にも負けない思いがあって、パワフルで、本能で生きててためらわないから

で、それを自分から発信して、それを使って人とのご縁を引き寄せることができたから、餃子になれたのだと(ざっくりですが)お話を聞いてわたしは理解しました!

(Sの説明がざっくりすぎてよくわからない、詳しく知りたいという方は、やーまんさんのYouTubeチャンネルを見てね!)

 

餃子として、さまざな餃子活動(日々の餃子製作・イベント出演)をしていらっしゃいます。

 

まぁでも、これはそうそう真似できないよね。

 

真似できないからこそすごいし、そのパワーに魅せられて楽しかったり元気になれる人がいるんだよね。

それってみんなハッピー♪ステキ。

ちなみにセミナー参加者(今年度のセミナーで参加者が一番多かった)の感想は、

「よかった、面白かった」もあれば「キテレツだった」もあり。

・・・予想通り(笑)。

 

とかく世の中のフォーマットのようなものにはまってないと、不安になりがちですけど

(それがラクな場合ももちろんあるけど)、

そこからはずれていても、十分生きていけること、

生き方にもいろんなカタチがあるってことを、

伝聞でなく、ネットの文字でもなく、

肌で感じてもらえれば、というのが

やーまんさんをお呼びした最大の理由です。

 

もちろん餃子になっても楽しいことばかりじゃなくて、さらに大変になったこともあるんじゃないかなって思います。

やーまんさんも「人間やめたらラクになったけど、お勧めはしない」と言ってました。

(まぁそうなのかな)

 

餃子になるっていうのはめちゃくちゃレアケースで、相当ハードルが高いけど、

そこまでいかなくても、その人に合った生き方があって、

それが公序良俗に反しなければ、もういろいろありなんじゃないかなって

わたしは日頃思ってます。

就活中のみなさんは大変な時だけど、考え方を変えれば、

これからの生き方をじっくり考えるタイミング・チャンスなわけです。

 

それでも不安に思うのは当然で、不安はもう人間の本質みたいなものだからなので、

もしあなたの不安が就活の不安だったら、そこはあだちサポステの出番です。

どうせ感じる不安なら、感じても感じなくても結果は一緒なら、

スタッフと一緒に就活について考えてみるほうが、ラクになるのではないかな?

というのがわたしの持論です。

あだちサポは、そんなあなたをお待ちしています!

 

 

やーまんさん、来てくれてありが餃ございました!