職場体験だより・スピンオフ(後編)~株式会社 グレイスエンブ~

 

後編はQ&A方式でまとめてみました!

 

Q  このお仕事で大変なことは何ですか?

 

A 先がなかなか読めないことですね。

お客様から商品を入れてもらって、それに刺しゅうをして納品するという注文が、同じ時期にいくつも重なることがあり、そんな時は本当に大忙しです。忙しさに波がありますね。

 

忙しいときは、パートさんが帰ったあと、社長さんが夜中に仕事をやっているそうです。 

 

Q  サポステの利用者に向けて、ひとことメッセージをお願いします!

 

A みなさんしっかりしてる方ばかりです。怖がったり恐れたりしてしまうこともあるかもしれませんが、そこを乗り越えて、就活していってほしいです。 

 

ありがとうございます!

 

 

 

ここからさらに、ハナシは社長の若い時の話題に…

 

Q 社長ご自身はどんな20代を過ごしましたか?

A 自分が20代のときは、無茶苦茶忙しかったです。

車(外車)が好きで、外車のディーラーで働いていました。さらに工業系の建築が好きだったので、夜間にはそういう学部のある大学にも通っていました。

 

昼仕事・夜学校と、二足のわらじですね、かっこいい!

 

Q ふつうは学業か仕事、1本になってしまうのに、バイタリティがありますね!

A どっちもやりたかったんです、絞れなかったんですよ(笑)

大学生だから遊びたいわけで、夜の10時に学校が終わったあと、学校から近かった渋谷や新宿に遊びに行って、家に帰ってもほとんど寝ないで、それで仕事に行っていました。(すごい!)

グレイスエンブの仕事は、25歳になってから始めました。そこから今に至ります。

 

ずっと走っている感じですね!

作業風景。右写真手前には、3時休憩のお茶セットが写って行ってます

Q 今後やっていきたいことはありますか?野望はありますか?

A ここよりもっと大きい場所で、仕事をしたいですね。

今はフルで稼働しても、広さが無いせいで、できる仕事の量は限られてしまっています。もうちょっと大きくして、仕事も大きくしていきたいですね。

 

会社をもっと大きくしていきたい、というのが今後の野望、なんですね!

 

うちは東京で一番大きな機械を持ってる刺しゅうの会社で、どこに持って行ってもできない、うちにしかできない仕事と言うのは、実はたくさんあります。

日本でも世界でもできない・・・ということは、もうそろそろ「日本一」になれる日も近いんじゃないかな?! と思っています。

 

日本一、ひいては世界一の刺しゅうの会社になる日も、近いのではないでしょうか!

 

岡部社長、貴重なお時間、お話をありがとうございました!